FC2ブログ

気になるところ


アクセスカウンター


プロフィール

コーキ

Author:コーキ
地元 : トウキョウト タマ地区
地球 : 滞在21年目
趣味 : 街歩き
日課 : 小銭貯め
好音 : 夕立
飲物 : 六甲のおいしい水

夏本番。
小遣いの貯め時


最近の記事


CUSTOM LINK


リンク


最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索


ブロとも申請フォーム


取り付けたは良いけど・・・

やっとこさ電圧計をフュージョンに取り付ける日がやってきました。
事前にFUSION STYLE でメンテナンスカバーの外し方、配線などを学んで、一通り頭に情報を入れてから作業へ。

今回取り付ける電圧計は前回の記事にもあるように、
POSH製ミニミニ電圧計です。。。

メンテナンスカバーを外し、ハンドルの左下辺りにあるゴム状のカバーを取ると赤 黒 緑の3pinカプラーが現れます。
電圧計



フュージョン側の黒い線から電源が取れるようなので、
分岐タップをつけ、電圧計の緑(LEDバックライト+と赤(電圧計+)を挟み、
フュージョン側の緑色の線がアースなので、
分岐タップをつけ、電圧計の黒(電圧計-)を挟みました。
電圧計2



とりあえず配線はこれで終了?
キーをONにして、エンジンを始動してみると白いバックライトと共に針が動く。
電圧計3

とりあえず使えることを確認。。。


あとは配線を整理してメーターをハンドルに取り付け。
ノーマルハンドルなので、HONDAと書かれたカバーが邪魔して、
ハンドルポストには取り付けが難しい。
ハンドル ミラー用のステーとちょっと角度が付いたステンレス製の板を組み合わせて、メーターと固定しました。
電圧計4



とまあこんな感じで、完成!!!

って言いたいのですが、一つ気がかりな事が・・・

それは、ブレーキ(リア、フロント)を踏んだり握ったりしている間は、
電圧計のバックライトが消え、針も0の位置に戻ってしまうのです。。。

メンテナンスカバーも取り付け終わったので、再度開けるのは面倒・・・

てか、何より電気系には全くの素人なのでこの仕組みが全く理解できません(~_~;)

電圧計を取り付けている方、このようにブレーキをしている時というのは、この状態が普通なのでしょうか?
それとも、配線に何か問題でもあったのでしょうか???
この場を借りて質問させていただきます。。。


スポンサーサイト

コメント

多分ですが

配線方法に間違いはないので、そのような症状は出ないはずですので、多分原因は分岐タップだと思います。
分岐タップとコードのサイズが合ってないか、挟み込みの不足で接触が悪いかのどちらかか?

私の場合、配線加工をするときは面倒でも極力、はんだ付けや端子を使用し防水加工を施してましたが、以前たまたま端子が足りず一ヶ所だけ手元にあった分岐タップを使用しました。

その時はすぐに不具合は生じませんでしたが、数ヵ月後にセルモーターのみ通電しないという状態に。

分岐タップを開けてみたら、コードやタップの金属が錆びだらけに・・・
という痛い思いをしてから分岐タップ反対派になりました(笑)
2005-12-04 21:05 nokio #- URL [ 編集 ]

>nokioさん
分岐タップはあまりいい具合に機能してくれないようですね。
電圧計にセットで分岐タップがくっついていたので、そっくりためらいも無く使ってしまいました。
家の引き出しに、たまたま端子の残りを発見したので サビ・接触不良防止に明日にでも再度取り付けてみようと思います。

いいコメントありがとうございました(^^♪
2005-12-05 21:28 コーキ #Py4yZU9Q URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://cn250daruma.blog33.fc2.com/tb.php/33-a3dcb984

 | ホーム |